ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月28日

レヴァークーゼン、セルティックからフリンポン獲得

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイヤー・レヴァークーゼンは今冬の移籍市場において、マンチェスター・ユナイテッドから移籍金140万ユーロを投じて獲得したティモシー・フォス=メンサーに続き、さらなるオランダ人サイドバック迎え入れた。セルティック・グラスゴーより、ジェレミー・フリンポンを獲得する。

 スコットランドのメディアが伝えたところによれば、レヴァークーゼンはスコティッシュ・プレミアリーグにて36試合に出場している20才の獲得に向け、およそ1100万ユーロの移籍きんを投じることになり、さらに成果に応じて1350万ユーロまで上昇する仕組みになっているという。なおその3割が古巣マンチェスター・シティへ渡るとのこと。契約期間は2025年まで

 ジモン・ロルフェスSDは「非常に伸び代がある将来性をもった選手を獲得できた。技術面、スピードにいいものがあり、積極的にドライブを仕掛けていくタイプ」と説明、フェラー競技部門取締役も「こういったタイプの選手は、うちが目指すサッカーにぴったりだ」と喜びをみせている。

 レヴァークーゼンでは今季限りでラース・ベンダーが現役引退を表明しているほか、アトレチコからレンタル中で長期離脱中のサンティアゴ・アリアスとの契約期間は今季いっぱいまで。さらにミッチェル・ヴァイザーも移籍候補という中で、このポジションでの補強に注目が集まっていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報