ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月01日

レヴァークーゼン、レスターからグレイ獲得。契約は2022年迄

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ムサ・ディアビー、レオン・ベイリー、カリム・ベララビに続く、4人目のウィングの補強を目指していたバイヤー・レヴァークーゼンは、既報通りにレスター・シティからデマレイ・グレイを獲得した。

 左サイドでのプレーを好む右利きの24才は、レスターではロジャース監督の構想外となっており、この夏で契約満了を迎えることから格安で獲得。以前より200〜300万ユーロと言われてきたが、どうやら成果に応じたボーナスのみで基本金はなし。それも前述より大きく下回る見込みとなっている。

フェラーSD「非常に重要な補強」

 プレミア通算133試合に出場し10得点をマークした経験をもつ同選手は、2016年のリーグ優勝も経験。即戦力として期待されており、ルディ・フェラーSDは「後半戦でも非常に多くの試合が残されていることからも、チームにとって非常に重要な補強になるよ」と評価した。「彼は読まれにくい選手で、残りのシーズンに向けて更なるオプションを手にしたことになるよ」

ロルフェスSD「即戦力として期待」

 またジモン・ロルフェスSDは、今冬3人目の補強選手について「彼は非常にトリックプレーに長け、うちのオフェンスを更に活性化させてくれることだろう」と期待、「高いテンポで1vs1で仕掛けていき、チームメイトをうまく活かすことができる。プレミアリーグでの経験により、彼は即戦力となってくれることだろう」と言葉を続けている。

イェドヴァイにはオファーなし

 一方でライプツィヒ戦では、足首の問題のため欠場していたティン・イェドヴァイについては、確かにスウェン・ベンダーが膝に負傷を抱え、新戦力のフリンポンが隔離中にあるとはいえ、それでも今冬にも移籍することは可能だろう。そこでベシクタシュからの関心も寄せられているが、ロルフェスSDによれば「特に受けいられれるようなオファーは届いていない」という。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報