ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月17日

レヴァークーゼン、バウムガルトリンガーと1年延長

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイヤー・レヴァークーゼンは契約を今季いっぱいまで残していた、ユリアン・バウムガルとリンガーと更に1年間延長したことを発表した。ジモン・ロルフェスSDは同選手が1月に十字靭帯の手術を受けた翌日、kickerに対して「決して見放すようなことはしない」と明言。「困難な時期であっても支援していく」と強調しており、それが水曜日に改めて確認された形だ。

 ロルフェスSDは、「ユリアンは今シーズン、このチームにおけるその価値と意義を改めて示してくれた。」と、「実績あるリーダー的存在」への評価を述べた。「特に負傷離脱者が相次ぎ必要とされた時に、責任を担い牽引していってくれた」実際にバウムガルトリンガーはおそらくこの前半戦は、キャリアの中でもトップクラスに時期を過ごしていたといえるだろう。

 ただその一方で2016年にマインツからレヴァークーゼンに加入するも、負傷による長期離脱を含む苦しい時期を過ごしてきたベテランボランチだが、それ故に「この5年間は僕にとって大きな意味がある。クラブは負傷にかかわらず、僕を構想に入れ続けてくれているんだ」と述べ、「この信頼は好影響をもたらしてくれるものだよ」と言葉を続けている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報