ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月25日

レヴァークーゼンvsフランクフルト戦でファンが衝突、警察が介入する事態へ

Eintracht Frankfurt
アイントラハト・フランクフルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜夕方より開催されたバイヤー・レヴァークーゼンvsアイントラハト・フランクフルト戦では、試合の傍らで地元警察が対応を余儀なくされる事態が発生していた。その詳細が、試合後になって明らかとなっている。

 この試合を実際にテレビで観戦していた人たちにとっては、前半の戦いに関しては聞き取りやすさがあったことだろう。それからバイ・アレナの外からファンのチャントが響き渡り、それから間も無くして警察によるサイレン音が響き渡る事態へと発展。いったいスタジアムの外で何が起こっていたのか?

 その後の警察の発表によれば、レヴァークーゼンとフランクフルトのファン80〜100名が、アレナの外で衝突していたとのこと。警察側の情報によれば、当局は事前に彼らが集まることはキャッチしていたものの、試合中に口論へと発展をみせたことには驚きを覚えたという。

 なお到着した警察官たちによって、グループは遮断されて、それぞれに撤収。とくに負傷者、犯罪行為、逮捕者などはえていないという。しかしながら無観客開催となって以来、試合中にこのような対応を余儀なくされたことは初めてであることも発表された。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報