ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月20日

レヴァークーゼンに朗報、アラリオが順調な回復を投稿

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 練習中に大腿筋の腱を損傷したルーカス・アラリオ、内転筋に重傷を負ったエクセキエル・パラシオスは共に、今季中の復帰のみならず今夏に今夏に控えるコパ・アメリカへの参加さえも危ぶまれていた。だがリハビリのためレヴァークーゼンからアルゼンチンへの渡航許可が下りており、火曜日にアラリオは既にボールを使った練習を行う姿をインスタグラムに投稿。

 確かに6月3日に行われるW杯予選チリ代表戦、そして8日のコロンビア代表戦は欠場を余儀なくされるが、それでもパラシオスと共にアルゼンチン代表から暫定メンバーに含まれているアラリオは、コパ・アメリカでのアピールに闘志を燃やしている。

 来季契約最終年度に入る28歳のストライカーは、より多くの出場機会確保のため移籍を希望しており、レヴァークーゼン側も移籍金を手にすることができる今夏のでの売却を望んでいるところ。まさに今夏のコパ・アメリカは、両者にとってアピールへのまたとない絶好の機会だ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報