ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月26日

ドラゴヴィッチ、レヴァークーゼンからレッドスターへ移籍

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨秋よりアレクサンダー・ドラゴヴィッチへの関心が伝えられていたレッドスター・ベルグラードだが、既報通りに本日水曜日に正式に獲得が発表された。2016年にディナモ・キエフから移籍金2000万ユーロで加入していた同選手は、契約をこの夏で満了するためにフリートランスファーで移籍することになる。

 ドラゴヴィッチに対してはケルン、ウニオン・ベルリンからも関心が寄せられていたが、最終的には2・3年の契約でレッドスター入りを決断。絶対的なリーダーとして、国際経験豊富なディフェンダーの加入を期待しており、すでに30歳のオーストリア代表CBは、セルビア杯決勝の観戦のため現地を訪問。試合後はユーロに向けてオーストリア代表へと合流する予定だ。

 移籍にあたってドラゴヴィッチは、「クラブ首脳陣はかなり前から獲得に努めてくれ、話し合いを重ねるうちに目指すところ、その中で僕が何をできるかなど、明確なプランを提示してくれた。それが印象的で、最終的な決め手になった」と述べ、「駆け引きはしたくなかったし、すっきりとしてユーロに集中して臨みたかった。」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報