ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月04日

ルーカス・アラリオ、東京五輪参加の夢も絶たれる

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 シーズン終盤では腱の損傷で離脱を余儀なくされ、さらにはアルゼンチン代表として参加するはずだったコパ・アメリカでも不参加となっていたルーカス・アラリオが、今夏に開催される東京五輪参加への夢も絶たれることになった。

 これはアルゼンチンサッカー連盟がが明らかにしたもので、「右腰部の筋骨格に筋損傷が確認される」とのこと。さらに内転筋にも張りがみられるようで、少なくともまだ数週間は安静にしなくてはならないという。五輪派遣に関してはクラブ側には応じる義務はないものの、レヴァークーゼン側はアラリオの参加を容認していた。

 その一方で同じく負傷を抱えていたパウリーニョについては復調を果たし、ブラジル代表の一員として東京へと降り立つことに。十字靭帯の断裂から回復したMFについて、ロルフェスSDは先日kickerに対し改めて、いかにパウリーニョにとって重要なものであるかを強調。そのためつまりは五輪グループリーグにて、ドイツ代表は横浜でパウリーニョとも対峙することになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報