ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月20日

ヴェンデウも退団の流れ、グレイはエヴァートンでメディカルチェック

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ヴェンデウはこの日、バイヤー・レヴァークーゼンにて7度目となる、バースデーを迎えていた。ムサ・ディアビーが撮影していたその動画では、バースデーケーキを手に「ありがとう」と語る同選手の様子が映しだされていたのだが、それはまるで全てのことに対する別れの言葉のようにも聞こえた。「ここにいる皆さんに神の御加護がありますように。健康に、楽しんでください。ありがとう」

 2年前にデイリー・シンクフラーフェンが、そして今夏にはミッチェル・バッカーと、主戦場である左サイドバックではオランダから2人のライバルの存在があり、28歳でこれから契約最終年度に入るヴェンデウにとって、これは1つの転機とみて良いだろう。そしてこれまで忠義を尽くしプロとしての振る舞いを見せてきた同選手に対して、レヴァークーゼン側が特に邪魔立てをするようなことはしないはずだ。

 ヴェンデウの代理人は既に、合宿地であるツェル・アム・ゼーに滞在しており、選手と共に撮影した写真をツイート。”In works!”と投稿されている。現在はイタリアからの関心が寄せられ、その中からウディネーゼ、そしてナポリの名前が浮上。さらにレヴァークーゼンではデマレイ・グレイについてもプレミア復帰の可能性が取り沙汰されており、本日にもエヴァートンにてメディカルチェックを受ける見通しだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報