ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月22日

ニコ・シュロッターベック、今夏移籍の可能性を除外せず

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 現在は東京五輪参加中の兄ケヴィン・シュロッターベックと共に、これまでSCフライブルクに在籍してきたニコ・シュロッターベックだが、しかしながらその契約を2023年まで残して入るものの、今シーズンも引き続きここでプレーしていくかどうかは、不透明となったままだ。

 今夏にはU21欧州選手権優勝を果たした21歳のセンターバックに対して、ここのところはVfBシュトゥットガルトやバイヤー・レヴァークーゼンとの繋がりが指摘されているところであり、地元ラジオ局SWRの取材に対して「どんな可能性も除外はしていないよ」とコメント。

 そして「そういった噂が浮上してくるというのは、いたって普通のことだと思う。僕は今、U21欧州選手権で良いプレーをみせたし、昨シーズンの後半戦では良いパフォーマンスもみせていたからね」と言葉を続け、「あとは自分にとっての次のステップを見極めていくだけだよ」と述べている。「残留ならここでベストを尽くす。今はそれを前提としているところさ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報