ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月26日

ルーカス・アラリオ、夏の移籍市場で新天地を模索

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 シーズン終盤では腱の損傷で離脱を余儀なくされ、さらにはアルゼンチン代表として参加するはずだったコパ・アメリカ、さらには東京五輪でも参加の夢が絶たれた、ルーカス・アラリオ。

 その一方でクラブ側における立場では、おそらくは新シーズンではパトリック・シックの後塵を拝することが予想されており、そのため夏の市場が開幕している現在は新天地を模索しているところ。

 身長185cm、28歳のアルゼンチン人ストライカーは、2017年より移籍金1900万ユーロで、リバープレートからレヴァークーゼンに加入して以降、ここまでブンデス99試合に出場して36得点、ドイツ杯では12試合に出場して7得点、さらにヨーロッパリーグでは15試合に出場して8得点をマークしている。(CLには5試合出場)


  • ブンデスリーガ・各チーム情報