ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月04日

レヴァークーゼン、ベイリーがアストン・ヴィラへ移籍

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 新たなチャレンジを求めていたレオン・ベイリーが、バイヤー・レヴァークーゼンからプレミアリーグ、アストン・ヴィラへと移籍することが正式に発表された。土曜日の時点ですでに、クラブ間では合意に達しており、このたび詳細部分についてもクリアに。移籍金額は3200万ユーロといわれ、さらに成果に応じて3500万ユーロにまで上昇する仕組みとなっている模様。契約期間は2025年迄。

 4年半をレヴァークーゼンで過ごしていたジャマイカ代表は、ゴールドカップ終了後に新たな挑戦を求めていることを改めて宣言。そこでジャック・グリーリッシュのマンチェスター・シティ移籍が迫る、アストン・ヴィラからの白羽の矢が立った格好だ。なお2017年にヘンクから移籍金1300万ユーロで獲得し、通算156試合に出場して39得点、26アシストを記録していた同選手は、カイ・ハヴェルツに続くクラブ史上2番目の高額売却選手ということになっている。

 ジモン・ロルフェスSDは「彼は若き才能からトッププレーヤーへと、レヴァークーゼンで果たすことができた」とクラブの声明の中で述べ、「彼の今後のキャリアでの成功を祈っている」とエール。一方でベイリーは、「クラブ、チーム、そしてファンは、常に僕の心の中でありつづける。でも今は、自分のキャリアの中で、新しいチャプターを開くときだと思う」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報