ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月20日

ヴェンデウ、レヴァークーゼンからFCポルトへと移籍

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りにヴェンデウが、バイヤー・レヴァークーゼンからFCポルトへと移籍することが、両クラブより木曜日に発表された。火曜日にケルンにて子供が誕生したことにより、水曜午前にはレヴァークーゼンの同僚たちと最後のトレーニングを行なった後、晴れて新天地との2025年までの契約にサインしている。

 移籍に際して、同選手は「このクラブで僕は、素晴らしい経験と多くの友人を手にすることができた。レヴァークーゼンは家族同然の存在だ」とコメント。「それでもプロサッカー選手の1人として、このような長い時間を経ても新たな挑戦に臨むこともまた重要なことなんだ」と言葉を続けた。なおヴェンデウの左サイドバックでは、シンクフラーフェンに加えて、この夏にはミッチェル・バッカーを獲得済み。

 またポルトガルの情報によれば、移籍金額は400〜500万ユーロとなっており、もともと今夏までの契約を、レヴァークーゼンが昨年に1年延長していたことが功を奏した格好。これを元手にベイリーとグレイが去ったウィングの補強も可能で、さらにフォス=メンサーが長期離脱中でヴァイザーが売却候補の右SBも補強ポイントだ。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報