ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

スカパー!ソース: |  2021年11月17日

レヴァークーゼン、アラリオは「じっくり体づくりを」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイヤー・レヴァークーゼンのセオアネ監督は、負傷離脱中の5選手のうち何人かの復帰に期待感を示していたのだが、「ルーカス・アラリオに関しては、今週中にピッチで練習を行うことはできないだろう」との見通しを明らかにした。

 まだ週末の可能性については完全には否定されていないものの、「問題はわかっている。医療スタッフはもっとじっくり体作りをしていきたい考えだ」という。

 その一方でフロリアン・ヴィルツ(鼠蹊部と股関節の問題)とカリム・ベララビ(筋損傷)については改善が見られ、またチャールズ・アランギス(ふくらはぎの負傷)とパトリック・シック(足首の負傷)についてはピッチ上で個別調整を行なった。

 「ヴィルツとベララビについては、水曜にチーム練習に参加して大半をこなす予定だ」と指揮官。順調にすすめば週末ではオプションとなり、同様にアランギスも「様子をみてみよう」と可能性を示唆した。「シックについては、それよりまだ一歩遅れがみられているがね」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報