ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月20日

レヴァークーゼン、スウェーデンの16歳カンガ獲得

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイヤー・レヴァークーゼンは木曜、ジャーデル・カンガの獲得を発表した。kickerが得た情報では移籍金額は20万ユーロ、契約期間は3年となっている。右サイドバック、右ウィング、攻撃的MFとしてプレー可能なカンガは、これまでバルセロナなどでトライアウトに参加しており、秋にはレヴァークーゼンのトライアウトにも参加。そこで好印象を与えていたようだ。

 15歳でスウェーデン3部でデビューを果たし、チームとともに2部昇格を果たした翌年には23試合に出場して5得点をマークするなど、まだ16歳ながらトップチームでの経験も蓄積しており、他クラブからの関心もよせられながらの獲得にユースセンター担当のアイヒン氏は、「得点力と、そして攻撃的ポジションであれば複数でプレー可能な柔軟性も持ち合わせた選手だ」と評した。

 その一方で年末までノルウェー1部SKブランへとレンタル移籍し、試合間を取り戻してきたレナルト・グリルについては、デンマーク1部ミッティランよりレンタルでの獲得が検討されているようだが、ただ先日にアンドレイ・ルネフが負傷により長期離脱へと入ったことで、すでに断りを入れたことがロルフェスSDより明かされている。「現状では、レナルトは我々とともにいることになるよ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報