ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月15日

マインツ、ブロシンスキと2019年まで延長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

bro_800-1481723139
マインツは水曜、ダニエル・ブロシンスキとの契約を2019年まで延長したことを発表した。マネージャーのルーヴェン・シュレーダー氏は「チーム内での地位を確立した。今季彼のフレキシブルさをみせて、左サイドバックやボランチでプレーしてくれている。これからも我々と共に戦っていくことを決断してくれて嬉しいよ」と喜びをみせた。

一方のブロシンスキは、「マインツではプレー面でもプライベートでもとてもうまい良い感じなんだよ。チームには僕の経験を持ち込むことができているし、ここは僕にマッチしているのさ。だから契約の延長を嬉しくおもっているんだよ」と述べている。

カールスルーエ生まれのサイドバックは、2014年にマインツへと加入。それ以来ブンデス73試合に出場し、今季もここまで公式戦17試合に出場。リーグ戦では11試合でプレーし、2アシスト、kicker採点平均3.80をマークしているところだ。

なお今節のハンブルク戦に向けて、シュレーダー氏は「ホーム戦での試合なのだからファンの前で勝利することは求められるものだよ。それをチームが必要としているし、流れを変えてくれるものさ」とコメント。

またシュミット監督は「ハンブルクはこの試合に懸けてきているし、まさに戦いという試合になるだろう」と述べ、
さらに「我々の後ろにはグラードバッハやヴォルフスブルクといったビッグネームもいる。つまりは順位表の状況は危険ということさ」と危機感を募らせつつも、それと同時に「しかし落ち着きを持たなくてはいけない」こともあわせて強調した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報