ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月22日

マインツ、若手ザイデルとプロ契約

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kickerが得た情報によれば、ブレーメンが関心を示していたマインツの若手アーロン・ザイデルが、マインツとの契約を2021年まで更新したことが発表された。

シュレーダーSDは「これからもここでキャリアを重ねていく決断を下してくれてうれしく思うし、双方にとって理にかなった決断だと思う」と喜びを語っている。

マインツに11年間在籍しているザイデルは、ヨーロッパリーグのサンテティエンヌ戦でトップチームデビューを果たし、さらにその三日後のヘルタ・ベルリン戦では先発としてブンデス1部初出場。ブンデス初得点で先制ゴールを挙げ、みずから祝砲をあげてみせた。

「はじめてのプロ契約」に喜びを見せたザイデルは、「この時のためにがんばってきた。このポジティブなエネルギーを来年に活かしていきたい」とさらなる飛躍を誓っている。

コルドバに2試合の出場停止処分と罰金

また火曜日に相手DFに対するファウルを行い、退場処分となっていたジョン・コルドバ。地面に倒れているアブラームを足で踏みつけており、DFBスポーツ裁判所は2試合の出場停止処分と、1万ユーロの罰金とする判断を下した。

なおマインツ側は、24時間以内ならば異議申し立てを行うことが可能。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報