ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月04日

マインツ、前回ハンブルク戦で3得点のMFラッツァが欠場の危機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DANNY LATZA TRAINING MAINZ 05 MAINZ PUBLICATIONxNOTxINxUSA
昨年12月17日に行われたハンブルガーSV戦は、ダニー・ラッツァのキャリアのなかでも特別な試合の1つだ。負傷によりシーズンを出遅れた27歳のボランチは、第12節から途中出場で復帰を果たすと、第14節には先発復帰。そして翌15節のハンブルク戦にて、ブンデスで初めてハットトリックを達成したのである。

それからちょうど半年。ふたたびハンブルク戦を迎えるマインツだが、今回状況は16位ハンブルクと勝ち点で並ぶ、まさに1部残留をかけた正念場となる一戦。当然ながらマインツとしては、再びラッツァの活躍に期待したいところなのだが、しかし前節グラードバッハ戦で足に打撲を受けており、今節の出場が未だ未定となったままだ。

仮に離脱した場合、その穴埋めにはシュミット監督も頭を悩ませることになるだろう。確かに若手MFジャン=フィリッぺ・グバミンが控えているのだが、ダイナミズムとアグレッシブさに優れるも、まだ戦術的な部分でのクレバーさや集中力に欠けるところも露呈。

そのほかスイス人MFファビアン・フライもオプションとなるものの、こちらはラッツァよりも対人戦の部分でものたりない。そこでマインツはCBが本職のラマーリョを前節で起用したのだが、しかしボール捌きに難を残しているところだ。

もう一人、若手のスアト・セルダーがいるものの、下部チームで実戦経験を積ませている20歳に、残留をかけた大一番でサプライズ起用することは想像しにくい。果たしてラッツァは間に合うのか、そして今回もまた活躍をみせることはできるのだろうか?今回の試合における同選手への期待はとても大きい。

先発予想:ハンブルクvsマインツ

ハンブルク(16位):マテニア – ディークマイアー, K. パパドプロス, マフライ, オストルチョレク – 酒井高徳, ユング – ハント, ホルトビー, コスティッチ – ウッド

マインツ(14位):J. フート – ドナティ, ベル, ハック, ブロシンスキ – F. フライ, ラッツァ – エズトゥナリ, ボージャン, デ・ブラシス – コルドバ




  • ブンデスリーガ・各チーム情報