ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月15日

マインツ、コドロをチューリヒへレンタル

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マインツはケナン・コドロを今季いっぱいまで、スイス1部グラスホッパー・チューリヒへとレンタルすることを決断した。昨夏に加入したばかりのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWだったが、新天地ではいまだ役割を得られない日々が続いていた。

移籍金150万ユーロで獲得した際、マネージャーを務めるルーヴェン・シュレーダー氏は「所属していたオサスナは苦しいシーズンを余儀なくされたが、そのなかでコドロは目立った成長を遂げた。それをマインツでも継続していってもらいたい」と期待感を示していたものの、今季ここまで先発出場はわずか2試合のみにとどまっている。

そのため実戦経験の場をもとめて、同選手は戦いの場をスイスに求めることになったが、シュレーダー氏は「ケナンの移籍がうまくいってとてもうれしい。移籍先での定位置争いはそこまで激しくはないので、出場機会を得ることがきたいされる。これからいい時間をスイスで過ごし、より力強く夏に戻ってきてほしい」と、クラブ公式にてエールを送っている。

レアル・ソシエダで育成されたコドロは、2012年から1年半にわたってCDラグン・オナクでプレー。2014年からはオサスナで88試合中15得点をマークする活躍をみせていた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報