ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月21日

シュヴァルツ監督、ヴォルフスブルク戦は「非常に重要な試合」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


金曜日に行われたヘルタ・ベルリン戦では、今季武藤嘉紀、エミル・ベルグレンに続く1試合2得点をマークする活躍をみせたロビン・クアイソン。「僕個人としては、いい1日となったね。とても重要な勝利を収めることができたし、得点も決めることができたから。」と喜びをみせた。

一方のサンドロ・シュヴァルツ監督は「守備面でとてもいい取り組みを見せてくれていた。とてもストラクチャーがあり、意欲的だったね。勝利にとてもふさわしかったと思う」とコメント。

「時には説明のつかないこともある。前半戦の方がいい戦いをしていたかもしれないが、ただどのチームについてもこういうことがあるものさ。コンスタントさが大きなテーマとなるよ。それをヴォルフスブルク戦でもみせていきたい」と言葉を続けている。「ただ特にヴォルフスブルク戦が勝ち点6の意味をもっているとは思わない。得られる勝ち点はあくまで3だからね。ただ非常に重要な試合であることは確かだよ。間違いなくね!」

なおこの試合では先発からはずれたナイジェル・デ・ヨングについては、「理由をしっかりと説明することが大事だと思っている。それをホテルで行ったし、分析も行っているよ」と強調。「ナイジェルは今週初めに軽く負傷していたし、グバミンのダイナミズムを彼の本職であるボランチで使いたかった。ナイジェルも判断を受け入れているし、うちの状況ではそれが重要なこと。いい練習をおこなえばアピールすることになるさ」と語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報