ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年05月16日

マインツ、デ・ヨングと契約延長?

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今夏では多くの移籍選手が予想されるマインツ05。逆にいえば移籍金をそれだけ多く手に入れるということでもあるのだが、穴埋めを迫られるという言い方もできるだろう。マネージャーを務めるルーヴェン・シュレーダー氏にとっては課題が山積み。契約切れとなる選手との交渉もそのなかの1つだ。

そのなかの一人レオン・バログンについては、29歳という年齢に加え、今夏はワールドカップという絶好のアピールの機会をナイジェリア代表で得られることからも、今回は大型契約を結ぶ最後のチャンスということになる。

ただマインツでは同選手のもつクオリティ、そしてウィークポイントについても理解しており、まずは様子を見極めながら適したときに話し合いを行うことになるだろう。一気に展開を見せる可能性もある。

またナイジェル・デ・ヨングについては、同選手自身がマインツ残留を希望しており、クラブが掲げる哲学や、サンドロ・ワグナー監督がとる手法に対して好感を抱いており、さらに「何度かベンチに座らなくてはならない時でも、決してネガティブな雰囲気をだすことはなかった」とシュレーダー氏は評価。

素晴らしいキャリアを積み上げてきた選手でさえ、チームよりも重要な存在ではない。そう体現する33歳のMFの姿勢が「チームのダイナミズムにとってのプラス材料となるのだ。ナイジェルはロッカールームでも好影響を与えれくれる選手だよ」と言葉を続けた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報