ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月27日

武藤嘉紀、ニューカッスルへの移籍成立が間近

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 すでに昨シーズンの後半戦途中にも、武藤嘉紀がプレミアリーグへの移籍を想い描いていることはお伝えしていたが、どうやらその夢の実現がもう間近にまで迫っている。マインツの日本語版公式ツイッターは木曜、「現在マインツ05は武藤嘉紀選手の移籍についてニューカッスル・ユナイテッドと話を進めているところです。」と発表。

さらにその中でルーヴェン・シュレーダーSDは、「我々はニューカッスル・ユナイテッドと、建設的で良い話し合いができた。基本的な合意に至った。まだいくつかの重要な点において詳細を詰めなければならないが、近いうちにヨシの移籍を決められると確信している」と、すでにクラブ間で基本合意へと至ったことも明かした。

 マインツとの契約最終年度に入る武藤は、今夏にロシアで行われたワールドカップで日本代表として参加するも、ポーランド戦でもわずか1試合のみの出場にとどまり、期待していたようなアピールに繋がることはなかった。

 そこでクラブ内では、武藤嘉紀とさらに1年間延長する形で、来夏にも再び移籍金を手にする形を作った上での残留も検討されたものの、最終的に両者にとってマッチしたオファーがニューカッスルから届き基本合意b


  • ブンデスリーガ・各チーム情報