ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月30日

プレミア移籍を夢見るグバミン

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


本来マインツの思惑としては、アブドゥ・ディアロを保持して、ジャン=フィリッペ・グバミンを高額の移籍金額で売却するプランを進めていく予定だった。しかしドルトムントがそのディアロに対して、移籍金2800万ユーロを提示。クラブ間で合意に達し、今夏にすでに移籍している。ではグバミンはこのままマインツにとどまることになるのか?日曜日に発言されたその内容からは、まだ移籍の可能性は残されているようだ。

「移籍市場はまだ閉まってしまったわけではない。様子をみることになるよ」と、今シーズンも引き続きプレーしていくことは確実か?との問いに同選手はコメント。さらに「まだ移籍市場はしまっていない」ともう1度この言葉を繰り返した。

グバミン自身はプレミアでのキャリアを夢見ており、お気に入りのクラブはリヴァプールやマンチェスター・ユナイテッドだが、「確かに契約は2022年まで残されているけれども、明日なにが起こるなんてわからない。とても良いオファーがくるなら無視はできないんじゃないかな。そうなれば状況は一変する。シュレーダー氏と僕の代理人はもう一度話し合うし、それから一緒に決断を下していきたいと思う」と述べ、仮に残留となっても「失望するわけではない」とも強調した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報