ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年09月20日

続々と怪我人が復帰したマインツ、シュヴァルツ監督「良い気分だ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜日に行われた練習を終え、「また多くの選手たちと共に取り組めるということは、良い気分だよ」と語った、サンドロ・シュヴァルツ監督。そのなかには、長期離脱中が続くダニー・ラッツァ(内転筋付近の負傷)と、エミル・ベルグレン(膝の負傷)の姿が見受けられた。

 また先週終わりからは、大腿筋の筋束を断裂していたレヴィン・エズトゥナリも復帰。「日曜日には、オプションになることだろう」と、シュヴァルツ監督は期待感をshめしている。

 なお開幕戦のシュトゥットガルト戦にて、大腿筋に筋損傷を抱えたジャン=フィリップ・グバミンについては、火曜日からチーム練習復帰を果たしているところであり、同じく日曜日のレヴァークーゼン戦から先発候補の一人となることができるだろう。

 さらに前節アウグスブルク戦の最終調整にて、脳しんとうを抱えて欠場を余儀なくされたシュテファン・ベルについても、木曜日からチーム練習復帰が見込まれているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報