ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月24日

バクー負傷で、ラッツァに先発のチャンス?

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボランチにクンデ、その前ではジャン=フィリッペ・グバミンとリードル・バクーが中盤を形成している1.FSVマインツ05。ただしそのバクーが前節の後半にふくらはぎに打撲を受けて交代を余儀なくされており、まだその重度については明らかとなっていない。ただ「痛みが足首にまで広がった」ことをシュヴァルツ監督が明かしており、土曜日に行われるバイエルン戦では欠場が見込まれているところだ。

 これまで常に先発出場してきた20才のMFの代役としては、右サイドバックのフィリップ・ムウェネもCMFとしてプレーが可能。ただ確かにここにきてダニー・ラッツァも復帰し、グラードバッハ戦では交代で起用されてていたが、鼠蹊部の手術によって半年の離脱に入っていた28才について指揮官は、「スタミナ値じゃとてもよかったし、あとはプレーのリズムが不足しているだけだ。グラードバッハ戦の30分は1試合に相当したことだろう」と説明。「先発はまだ考えられないだろうね」と付け加えているが、しかし過密スケジュールとなるだけにローテーションは行いたいところではあるだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報