ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月25日

マインツに悲報、バクーが8週間の離脱へ!

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 まさにマインツから悲報が届いてしまった。リドル・バクーが靭帯結合部に損傷がみられるため、これから「8週間」の長期離脱に入ることが明らかとなっている。

 週末に行われたグラードバッハ戦にて同選手は、相手MFザカリアとの対人戦後に痛みを訴え、4分後には支えられながらピッチを後にしており、その後は背負われた状態でロッカールームへと姿を消している。

 サンドロ・シュヴァルツ監督の不安視していたのだが、水曜日にはマインツの大学病院にて精密検査を受けた結果、靭帯結合部に損傷が見られることが判明。これにより8週間の離脱を余儀なくされるという。

 9才の頃にマインツの門を叩いた身長176cm、20才のMFは昨季の終盤でブンデスリーガデビュー。終盤3試合で先発出場しうち2試合でフル出場すると、今季はここまでリーグ戦8試合すべてで先発。中盤の主力を担っており、ここまでkicker採点3.16をマークしているところだった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報