ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月27日

最少得点の最年少マインツ、経験不足?「35才の選手を取ればいいのか?」

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今シーズンのマインツはここまで、リーグ戦8試合でわずかに4得点。これはブンデス全体で最も少ない数字だ。特に今は451分間連続無得点が続いているものの「我々は非常に多くのシュート数を放っているし、重要なことは得点をするためこの姿勢を示し続けていくということ。」と、サンドロ・シュヴァルツ監督は強調。

 「決してメンタルの問題はないし、引き続き前向きに取り組んでいき、チャンスを掴みシュートを放つ。オフェンスにおける、ゴール前での効率性に欠けているんだ。しかし選手たちは得点を祝うために全力を尽くしてくれている。」と言葉を続けた。

 その一方でブンデス最年少のマインツに対して、 今回の相手バイエルンは、ブンデスリーガ最年長。リーダー的存在の必要性を指摘する声もあるのだが、シュヴァルツ監督は「結果が必要だ。そこについて話す必要はないだろう。フィニッシュをもっとうまくしていかなくてはならないが、そのために35才の選手が必要とでもいうのか?」と説明。「最悪なのは、監督が疑問を抱くということだよ」と述べている。

 ただこの試合では一人のベテラン選手が先発復帰する可能性がある。バクーが負傷離脱となった一方で、ダニー・ラッツァが復調を果たしたのだ。「非常にいいフィットネスの数値を出しているし、既に実践経験も積んできたところだ。確実に土曜日は先発候補のオプションとなるよ」と指揮官。「ただ他にもCMFにはオプションはあるし、システム変更という可能性もある」と手の内を明かすことはなかった。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報