ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月15日

ラッツァとハック復調、マテタは仏U21デビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 「これでオプションが増えたね」と、サンドロ・シュヴァルツ監督が目を細めたのは、ダニー・ラッツァとアレクサンダー・ハックの復帰だ。4月に鼠蹊部を負傷し、夏に手術を受けていたラッツァと、今夏に足根骨を骨折していたハッックは、先日行われたテストマッチにてフル出場。

 ただその一方で内転筋の問題でドイツU21、U20参加を見送ったフロリアン・ミュラーとリドル・バクーについては、比較的バクーについては今週からの練習復帰が見込まれているものの、ミュラーについては大事を取る可能性もありそうだ。

 なおフランスU21代表から招集を受けたジャン=フィリッペ・マテタについては、トルコ代表戦にてジョーカーとして出場。マインツで同僚のニャカテとともに、1−0での勝利をピッチ上で祝った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報