ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月03日

公式戦7戦未勝利のマインツ、若き守護神が足首負傷で離脱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 足首の負傷に悩まされ、ドイツU21代表参加を見送り、治療に励んでいたマインツの守護神フロリアン・ミュラー。だが今週はその負傷箇所がさらに悪化。木曜日の練習では中断を余儀なくされており、本日金曜日には精密検査を受けていたことが明らかとなっている。

 「ただまだそれ以上にがわからないんだ」と、サンドロ・シュヴァルツ監督はコメント。そのため日曜日に行われるブレーメン戦では、先日のドイツ杯2回戦と同様にロビン・ツェントナーが、マインツゴールを守ることになる。

 なおその試合では、遅刻により出場停止となったアーロン、クンデ、ボエチウスについては「さらに罰金も科しているし、このテーマはこれで終わりだよ。」と指揮官は強調。「練習ではしっかりとリアクションをみせていた」とも述べており、先発復帰に向けてすでに障害はないようだ。

 その一方でマインツはそのドイツ杯2回戦を含め、最近の公式戦7試合で未勝利が続いており、「精力的な戦いが、最終的にはミスによって報われていないことには、苛立ちを覚えるよ。」とシュヴァルツ監督。「この苛立ちを日曜日にはエネルギーに変えていかないとね」と意気込みをみせた。


若手FWヨナタン・ブルカルトと延長

 マインツは若手FWヨナタン・ブルカルトとの契約を、さらに2年間更新したことを発表した。2000年生まれの18才は、今年の9月にマインツ史上最年少でブンデスリーガデビューを果たており「すべてがうまくいっているね。この瞬間を楽しんでいるところだよ。」とコメント。

 その9月のアウグスブルク戦ではフル出場を果たしており、その後は3試合で途中から出場、ここまで合計258分間にわたって出場ているところだ。マネージャーを務めるルーヴェン・シュレーダー氏は「チャンスを活かしブンデス1部でも存在感を示せるところをみせた。だからマインツとしては2年間の延長を結んだんだ」と喜びを見せている。

 ブルカルトは「ここまではあっという間だった。キャンプでトップチームに参加し、ブンデスデビュー。そして今回の延長はこの短いキャリアの中で完璧にこれていると思うよ。そして両者にとってとても良い流れでこれているとね。こんなにスムーズにいくなんて思わなかったよ。期待感を嬉しく思うし、両者にとってこれから共に成功を収めていくことを願っている」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報