ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月06日

積極補強のマインツ、クラブ史上最高額でアーロンを獲得

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われたヴェルダー・ブレーメン戦にて、規定の公式戦出場試合数に達し、1.FSVマインツはアーロンをエスパニョール・バルセロナから、完全移籍で獲得したことを発表した。

 今夏に300万ユーロのレンタルにて迎え入れていた21才のスペインユース代表SBとの新たな契約期間は2023年まで、買取金額を合わせた総額は900万ユーロとなっており、これは今夏に獲得したマテタとニャカテ(共に800万ユーロ)、クンデ(750万ユーロ)を超えてクラブ史上最高額。

 「アーロン・マルティンの成長は、我々の期待に応えるものだ」と、マネージャーを務めるルーヴェン・シュレーダー氏はコメント。「クオリティをもった選手であり、先発の座を即座に掴むことに成功した。まだまだ若くて伸び代があるよ」とと評価を述べている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報