ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月08日

21試合で日曜開催が8試合、マインツのシュレーダー氏「苛立つ」

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜日にブンデスリーガ第21節までの開始日時がドイツサッカーリーグ機構より発表されたが、これまでの日程に苦言を呈しているのが、8試合もの日曜開催とされてしまった1.FSVマインツ05だ。

 確かにヨーロッパリーグが木曜開催のために、参加クラブの日曜の試合数が増加することは理解できる。しかしながら、マインツはヨーロッパリーグに出場していないにも関わらず、出場クラブのライプツィヒ(9試合)とわずか1差、フランクフルト(7試合)、レヴァークーゼン(5試合)よりも多い状況なのだ。

 その決断までにはセキュリティの問題など、全く理由がないわけではない。しかし「これまでにもあまりついてなかった。決して良いことではないし、苛立ちを覚える。他のクラブと比較してもね。」とマネージャーを務めるルーヴェン・シュレーダー氏はコメント。

 なお観客動員数は最近のバイエルン戦とブレーメン戦によって、若干増加して2万4972人となっているが、しかし日曜開催じゃなければ、ブレーメン戦の観客動員数は2万5105人以上が見込まれていたはずだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報