ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月13日

転換の契機になったバイエルン戦で、シュヴァルツ監督に罰金処分

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 DFBスポーツ裁判所は月曜、1.FSVマインツ05のサンドロ・シュヴァルツ監督に対して、5千ユーロの罰金を命じる判断を下した。同監督は先々週に行われたバイエルン戦にて、ロスタイムに入ってバイエルンの選手が3分間治療を受けていたにもかかわらず、主審が思惑よりも早く試合終了の笛を告げたことに対し、同点の機会が失われたとして厳しい言葉を浴びせて抗議。その言葉がスポーツマンシップに反していたとして、DFBスポーツ裁判所が罰金処分を命じている。

 ただ王者を相手に勝ち点確保まであと一歩のところまでに迫り、さらにこの試合で記録したゴールによって497分間続いた無得点時間にピリオドを打つことに成功したマインツは、続く今季好調のヴェルダー・ブレーメンを相手に2−1で勝利。さらに週末のフライブルク戦では3−1と連勝を飾るなど、勝ち点0とシュヴァルツ監督への罰金処分という結果には終わったが、それまで今季最少得点にあったチームがこのバイエルン戦をきっかけに転換をはかることにも成功するきっかけとなった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報