ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年12月01日

マインツの飛躍を支えるマテタとツェントナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われたフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦にて、「泥臭い」ながらも1−0と勝利をおさめた1.FSVマインツ05。「勝ち点3を収めても、あくまで自分たちに厳しく取り組んでいかなくては」と、語ったサンドロ・シュヴァルツ監督だが、これにより勝ち点はすでに18へ。

 下位争いから大きく抜け出すことにも成功したマインツに大きく貢献している選手としてあげられるのが、ジャン=フィリッペ・マテタとロビン・ツェントナーだろう。マテタは最近4試合で3得点をマークしており、「試合に上手く入れていないくとも決める、点取り屋としてあるべき姿という感じだね」と、マネージャーを務めるルーヴェン・シュレーダー氏。

 しかしそれもここのところ、ミュラーの代役を務めているロビン・ツェントナーが、好セーブでゴールを守り抜いてこそより、その得点の価値が増しているともいえるだろう。「彼はまさに大黒柱のように、とても大きな存在感を示しているよ」ただミュラーが復帰となった場合には、このままではシュヴァルツ監督はGKにおいて贅沢な悩みを抱えることにもなる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報