ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月04日

マインツが24選手で再始動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 木曜日に再始動した1.FSVマインツ05。そこには二十人のフィールドプレイヤーと4人GKが集結しており、ジャン=フィリッペ・マテタとフィリップ・ムウェネについては別メニューで調整する様子が見て取れた。

 サンドロ・シュヴァルツ監督によれば、昨年最終戦前の最終調整にて、マテタは打撲を抱えており「冬季休暇中のトレーニングプログラムをこなせなかった」とのこと。ただ数日以内には復帰がみこまれているという。

ムウェネとこの日姿を見せなかったムサ・ニャカテについては、膝に打撲を受けており「目標としてはキャンプ中にチーム練習に復帰することだ」と述べている。さらにこの日はジャン=フィリッペ・グバミン、そしてカリム・オニシウォが風邪のために不参加となった。

  また今冬の選手補強について、シュヴァルツ監督は「前半戦ではいい戦いを見せていたし、あえて補強を行う必要性を特にかんじてはいない。ただ今後の展開を見てみることにはなるがね」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報