ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月18日

マインツ、ここ8試合で活躍のツェントナーに代えミュラー復帰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 後半戦の初戦となるVfBシュトゥットガルト戦を前に、1.FSVマインツのサンドロ・シュヴァルツ監督は「非常に難しいタスクだよ。とてもエネルギッシュな激しい試合になるだろうね」と予想。途中から就任したマルクス・ヴァインツィール監督の下、「前半戦よりも推進力とスピードで増してくることだろう」と予想した。

 その一方でその試合からは、負傷により8試合欠場していたフロリアン・ミュラーが先発へと復帰。その8試合ではロビン・ツェントナーが「とてもうまく利用して、チャンスを活かした。うちのGKはレベルが高い」と指揮官は評価したが、入れ替えを決断。「失望していたが、プロフェッショナルに受け止めていた。我々はパフォーマンスの観点からミュラーの正GKを確定している。それに離脱まではいいプレーを見せていたしね」と説明している。

 またアドラー離脱の中で3番手に甘んじているヤニク・フートについては、昨季にはスパルタ・ロッテルダムへとレンタル移籍していたものの、再レンタルの可能性についてマネージャーを務めるルーヴェン・シュレーダー氏は「GK陣はとてもうまく形成できたと思っている。今回の移籍期間で手放すつもりはない」との考えを強調した。
 
 なおMFではダニー・ラッツァが、練習中にふくらはぎに打撲を負うという事態となってしまっており、今の所はアウグスブルク戦での出場が疑問視。ただオプションとしては、クンデ、グバミン、バクー、エズトゥナリ、ボエチウスらが控えている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報