ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月01日

マインツ、モナコから仏U21代表ピエル=ガブリエル獲得へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FSVマインツ05は金曜、ASモナコからロナエル・ピエル=ガブリエルを迎え入れることになりそうだ。マネージャーを務めるルーヴェン・シュレーダー氏は、「モナコ、そして選手自身やそのマネージャーと、我々は暫定的な合意へと至った」と報告。「両クラブともにこれから数日かけて、移籍が完了するように取り組んでいく」と言葉を続けている。

 ピエル=ガブリエルは昨夏に約600万ユーロでサンテティエンヌから獲得。契約を2023年まで残しているものの、フランスU21代表MFは今季リーグアンにてわずか4試合のみの出場にとどまっていた。

アバスがユトレヒトへレンタル

 その一方でマインツは、イッサー・アバスが、来季の1年間に渡りFCユトレヒトへとレンタル移籍することを発表した。20才のFWは昨夏にNKオリンピア・リュブリャナよりマインツへと加入。契約を2023年まで残している。

 ただ筋肉系の問題により長期離脱を余儀なくされており、来季は戦いの舞台をエールディビジに移して実戦経験を積んでいきたいところ。「1年後に多くのアシストと得点をオランダで残して戻ってきてくれるものと確信している」と、シュレーダー氏は期待感を示した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報