ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月21日

アンソニー・ウジャー、マインツからウニオンへ移籍

1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FSVマインツ05よりアンソニー・ウジャーが、来季よりブンデスリーガへと昇格を果たしたウニオン・ベルリンへと移籍する決断を下した。これは既にクラブ側から発表されたものであり、28才のナイジェリア人FWは3年契約を結んでいる。なお契約は2部でも有効。それ以上の詳しい契約に関する情報は、両クラブの取り決めにより明かされていない。

 2018年冬に中国からマインツへと復帰した同選手は、この1年半で33試合に出場して4得点をマーク。そのほかケルン、ブレーメンでもプレーしており、今回の移籍の決断について「ウニオン・ベルリンに対してとてもポジティブな印象をもっているし、訪問した時にぜひここでプレーしたいと思ったんだ」と説明した。

 マインツでマネージャーを務めるルーヴェン・シュレーダー氏は「トニからは明確に移籍への希望を伝え聞いていた」と明かし、「うちでの定位置争いを踏まえればその決断は理解できる部分もあるが、しかし彼のもつクオリティを考えれば辛い決断でもあったよ」と述べている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報