ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月29日

パダーボルン 、マインツからホルトマンをレンタルで獲得

1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 SCパダーボルンは1.FSVマインツ05から、ゲリット・ホルトマンを獲得したことを発表した。24才の攻撃的選手は、ひとまずマインツとの契約を2021年まで延長して、レンタルにて昇格組へと加入する。

 「ゲリットはそのスピードとテクニックにより、うちのサッカーに対する考え方に非常にマッチすると思う。我々が求める左ウィングの選手像にぴったりだよ。攻撃的にも守備的にも起用可能で、チームにとって非常に価値のある補強だ」と、パダーボルンでマネージャーを務めるプゾンジーノ氏は語った。

 一方でマインツでマネージャーを務めるルーヴェン・シュレーダー氏は、「今季は負傷に泣かされた結果、彼には実戦経験を積むことがどうしても必要なんだ。だが定位置争いを踏まえると、それはここでは難しい」と説明している。

 今季わずか4試合のみの出場にとどまっていたホルトマンは、これまでブンデスリーガではキャリアを通じて26試合に出場。その経験を来シーズンでは昇格組ウニオン・ベルリンにて活かしたいところだ。

マインツの若手マウゼが、ブンデス4部相当へ移籍

 
 ヤニク・マウゼがこれから、ブンデス4部相当のレギオナルリーガに属する、TSVシュタインバッハに移籍することが明らかとなった。20才の攻撃的選手は、2021年までの契約にサイン。「シュタインバッハは上昇志向をもったクラブで、成長していくための良いプラットフォームがある」とコメント。「このような機会を得られたことを嬉しく思っているし、ぜひ活かしていきたいと思う」と意気込みをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報