ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月01日

FW模索のマインツ、それでもシャライ復帰は見送りへ

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 今夏加入のFWチ・ドンウォンが膝の手術のため長期離脱を余儀なくされ、さらに昨季のチーム得点王、FWジャン=フィリッペ・マテタもまた、同じく膝の手術のために同じく長期離脱へと入ってしまった、1.FSVマインツ05。

 そのため現在は新たにFWの獲得へと勤しんでいるところであり、できることならばブンデスでの経験をもった選手を迎え入れたいところだろう。そこに合致するのが、かつてマインツでもプレーした、TSGホッフェンハイム所属アダム・シャライだ。

 ハンガリー人FWは現在は激しい定位置争いの中で出場機会の確保に苦しんでいるところであり、そういった部分でも双方にとって一見すると合致した組み合わせにもみえる。しかしながら大型FWシャライのプレースタイルは、今のマインツのプレースタイルには合わず、復帰へのプランは移籍金はさほど必要がないものの、すぐに消失してしまったようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報