ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月19日

離脱者続出のマインツ、今度は新加入のシン・ジュステが脱臼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 「うちでは3選手が、3ヶ月以上に渡る長期離脱にあるのだ。できることなら、もうこれ以上はごめんだよ」と語った、1.FSVマインツでマネージャーを務める、ルーヴェン・シュレーダー氏。週末に行われたブンデス開幕戦では、ジェリー・シン・ジュステが肩を脱臼しており、サンドロ・シュヴァルツ監督は「詳しい診断結果は、あと数日待つことになるよ」と言葉を続けた。

 現在マインツでは、昨季チーム得点王のジャン=フィリッペ・マテタ、守備の要シュテファン・ベル、そして新加入のチ・ドンウォンがそれぞれ長期離脱にあり、ジャン=パウル・ボエチウスは「選手層はもう薄いんだ。ジェリーがそうならないことを願っている」と語った。

 なお今夏に加入した同選手にとっては、この試合がブンデスリーガデビューでもあり、指揮官は「スピードと跳躍力の高さをみせていた」と評価。同じくこの日がブンデスデビューだった、エジミウソン・フェルナンデスと同様に賛辞をおくっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報