ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月20日

マインツ、肩脱臼のシン・ジュステが手術回避を決断

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に行われたSCフライブルク戦では、今夏に1.FSVマインツ05に加入したジェリー・シン・ジュステにとっては、ブンデスリーガデビュー戦の舞台でもあり、kicker採点3と及第点の活躍をみせてはいたものの、しかしながら後半80分での対人戦で肩を脱臼。そのまま交代を余儀なくされていた。

 そしてマインツ大学病院での専門医チームとの話し合いの結果、22才のセンターバックは手術を受けずに、保存療法により復帰を目指していくことを決断。最短での復帰を目指していく考えが明らかとなされた。なお離脱期間については「個別の回復による部分がかなり大きい」とのこと。

 しかしながらそれでもマインツは、攻守の要であるマテタとベル、そして新加入のチに続き、ジェリー・シン・ジュステまでも負傷により、戦線から離脱する結果となってしまった。ちなみにそのシン・ジュステ交代までは、マインツは0−0だったものの、その後のわずか7分間で3失点を喫し黒星スタートとなっている。
 

 サンドロ・シュヴァルツ監督は「2つのキーポジションで、4人もの負傷離脱選手を出してしまった」と嘆いたものの、すでにジュステに関しては「少し進展は見て取れている」とのこと。さっそく週末のグラードバッハ戦からの復帰にも含みをもたせた。なお今夏の移籍市場は9月2日まで開かれているが、ここでの動きについては「ジュステの回復具合次第」とのこと。つまりは特に大きなぶり返しでもない限りは、特にマインツが動きにでることは無いようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報