ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月10日

マインツ、点取り屋マテタに年内復帰の可能性も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FSVマインツ05では水曜日より、アーロンとロナエル・ピエル=ガブリエル、そしてフィリップ・ムウェネがチーム練習復帰を果たした。アーロンとピエル=ガブリエルに関してはさほど離脱期間は長くはなかったものの、今年の3月に膝を手術したムウェネにとっては「今回の代表戦期間は、好影響を与えるものだろう。練習のリズムを保ちつづけ、そして負荷を増していくことができる」と、サンドロ・シュヴァルツ監督はコメント。

 その一方で長期離脱中にあるチ・ドンウォン、シュテファン・ベル、そしてジャン=フィリッペ・マテタについては、まだ復帰までにはしばらく時間を要するところだが、それでもシュヴァルツ監督はこの代表戦期間が「メンタル的に好影響」と考えており、「長期離脱の選手にとっては、1試合分だけ無駄にせずにすんだと感じることだろうからね」と説明している。

 ただそのマテタについては、年内にも復帰する可能性があるようだ。「最終的なことは口にすることはできないが、しかしマテタにはすでに、今年中にピッチに戻ってくる可能性があるよ」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報