ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月24日

マインツ、フェルナンデス出場停止に加え、ラッツァも負傷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 主将ダニー・ラッツァが負傷により定位置を失う結果となり、ここのところ2試合でベンチスタートとなっている、1.FSVマインツ05。しかしながらフェルナンデスが出場停止となったことで先発復帰の可能性も高まったが、「デュッセルドルフでの試合で、膝に打撲を受けてしまったんだ。だから今週は練習ができない」と、サンドロ・シュヴァルツ監督はコメント。そのため出場が危ぶまれているところだ。

 そのほかマインツでは、U21から軽い負傷を抱えて戻ってきたリドル・バクー、さらにアレクサンドル・マキシムもまた先発候補の一人であり、もしもシュヴァルツ監督が中盤をひし形に形成した場合マキシムに、フラットに構えた時にはエズトゥナリに、先発のチャンスが訪れることだろう。さらにレアンドロ・バレイロも控えている。指揮官は「金曜の試合で練習の成果を発揮したい」と述べ、「走力という点では、ここ2試合では増してきている」と手応えも口にした。


 ただその一方でマインツでは、昨季と同様にオフェンス面ではリーグ最少得点と、決定力不足に苦しむ結果となっており、現時点での勝ち点数は昨季の9と比較しても6とさらに低下。確かに失点数では昨季現時点で8だったのに対して、今季は18をも記録しているという点もあるが、開幕から膝の負傷で長期離脱中の、昨季14得点のジャン=フリッペ・マテタの年内復帰にも期待がかかるところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報