ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月30日

アダム・シャライ「まさか、あれで飲酒運転に・・・」

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツの大衆紙ビルトは、ハンガリー代表にて主将を務める、1.FSVマインツ05のアダム・シャライが、飲酒運転にて逮捕されたことを伝えた。

 週末の空いた時間を利用して、母国ハンガリーで電気バイクにて夕食へと向かったシャライ。そこでワインを少量口にして帰途へとついたのだが、発進から100メートル足らずのところで警察の検問を受けることになったという。

 そしてそこで検出された数値は、0.1パーミール。100ユーロ(日本円で約12000円)だった。シャライは自身のFacebookにて、ハンガリーでは0.0パーミール以外では罰金となることを「知らなかった」と明かし、「当然、この処分を受け入れる」とコメント。「ごめんなさい」との言葉を9回も綴った。

 さらにシャライは、この一件が一気に世間の知るところになったことにも驚きをみせており、同選手から謝罪を受けたというサンドロ・シュヴァルツ監督は、「火曜朝に「監督、困ったことが起きてしまいました」と言うから、どれほどのことかと思ったよ」と明かし、「まぁ、そこまで大きなことではないさ」と述べ、むしろ「自ら、こういったことを発進する姿勢」を評価。シャライに対して擁護の姿勢をみせている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報