ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年12月21日

チ・ドンウォンの復調に喜びみせる、バイアーロルツァー監督

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 監督交代劇も含め激動の前半戦を過ごした、1.FSVマインツ05。その最終戦となる週末のバイヤー・レヴァークーゼン戦を前に、アヒム・バイアーロルツァー監督から明るい知らせが届いた。今夏よりアウグスブルクから加入するも、間も無くして膝に重傷を負いここまで離脱が続いているチ・ドンウォンが順調な回復をみせているところだ。

 28才の韓国人FWはすでにチーム練習復帰を果たしており、「その喜びがいかに大きなものか、それはサッカーをプレーし怪我で長期離脱した者にとっては良くわかることだろう。外から見守るのではなくチームメイトと、思いっきりトレーニングをこなせるというのは。その喜びを昨日に私は目の当たりにしてきたところだよ」とコメント。
 
 ただし年内最終戦での復帰はさすがに時期尚早であり、「もちろん、メンバー入りする可能性というものはない。ただそれでもここまでの回復をみせているというのは喜ばしいことだ。またしばらく休暇をとり、それからまた全力で打ち込むことができるだろう」との見通しをバイアーロルツァー監督は語った。その一方でカリム・オニシウォについては、土曜日に試合でオプションとなる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報