ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月06日

マインツ、主将ラッツァ不在のなかで冬季キャンプをスタート

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 スペインでの冬季キャンプを行う1.FSVマインツ05一行の中に、主将のダニー・ラッツァの姿が見受けられなかった。腰椎の手術を12月はじめに受けていたベテランMFは、ドイツにて検査を受けた後に、遅れてチームへと合流する見通しだという。さらに第4GKのオメル・ハニンが膝に軽傷を抱えたために帯同せず、代わりに19才のマリウス・リーゼガングが搭乗している。

 なおこのキャンプ地は多くのマインツの選手たちにとって、すでに慣れ親しんだ環境ではあるものの、前半戦終盤より就任したアヒム・バイアーロルツァー監督にとっては「はじめてのスペインキャンプなんだが、素晴らしいピッチだね。それにバスをつかわずに練習場へいけることも素晴らしいよ。やりたいことがあれば、選手たちは遠慮なくそこに残れる。待ち時間など、無駄な時間を避けられるね」と喜びをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報