ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月09日

マインツ、フェルナンデスが膝を手術。長期離脱へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FSVマインツ05に嬉しい知らせと、残念な知らせが届いた。主将ダニー・ラッツァが冬季キャンプを行うスペインに合流した一方で、エジミウソン・フェルナンデスが左膝の半月板に損傷を抱えている。

 これは月曜の練習中に負ったものであり、その後の精密検査で明らかとなった。来週初めにもミュンヘンにて手術を受けることになるという。離脱期間は、クラブ側の発表によれば最大6週間の見込み。

 今季より加入しているスイス代表MFは、ここまで前半戦ではリーグ戦15試合に出場。kicker採点平均では4.27をマークしており、さらにドイツ杯でも1試合に出場しているところだ。

 一方で腰椎の手術を受けていたラッツァについては、当初は冬季キャンプ不参加の予定だったものの、「明日にも合流する」ことがバイアーロルツァー監督より明かされた。ただしベルと共に、ラッツァはリハビリメニューをこなしていく。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報