ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月10日

ブンデス第21節のMVP:ロビン・クアイソン

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今季ここまで通算31得点をあげてる、1.FSVマインツ05。残留争いを展開する中で収めているこの数字は、順位表にて7位につけるTSGホッフェンハイムと並ぶ数字でもあり、特にそこに大きく貢献している選手こそ、ロビン・クアイソンである。

 週末に行われたヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦にて、貴重な勝ち点3の奪取に成功したマインツ。特に下位ではデュッセルドルフとパダーボルンが痛み分け、ブレーメンはウニオンに手痛い敗戦を喫していたことからも、今回の勝ち点の意義は更に高まるというものだ。

 そんな貴重な勝利の中でハットトリックをマークした、ロビン・クアイソン。これにより今季の得点は11点にまで積み上げ、その結果ブンデスリーガ得点王争いではレヴァンドフスキ、ヴェルナーに大きく溝はあくものの、3位のサンチョと1差、ロイスらと並び4位タイにつける活躍をみせている。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報