ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年03月04日

マインツ、シュテファン・ベルの復帰の目処はいまだ立たず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 足首の軟骨損傷のために手術を受け、開幕から欠場が続いている1.FSVマインツ05のシュテファン・ベル。現在の状態について、バイアーロルツァー監督は「かなり苦労してきたからね。まだ足首のフレキシブルさに欠けている。チーム練習には参加できないんだ。回復にはむかっているがね。ただ具体的な復帰時期についてはわからない」と語った。

 また火曜日の練習ではフィリップ・ムウェネとロナルド・ピエル=ガブリエルの姿も見受けられなかったが、ムウェネについてはパダーボルン戦にて476日ぶりの復帰を果たしたばかりという部分を考慮してのもので、水曜日から練習へと参加。ピエル=ガブリエルについては、その試合で大腿筋に硬化を抱えているとのこと。

 その一方でマインツでは、ジェリー・シン・ジュステとアレクサンダー・ハックが、共に練習復帰を果たした。両選手ともにこの日は部分的にチーム練習へと参加しており、その後はランニングメニューを実施。「問題はもうない。とてもいいことだよ」と、指揮官も目を細めている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報