ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年04月02日

マインツ、米国キャンプ中止。最大1000万ユーロの節約視野に

1. FSV Mainz 05
1. FSVマインツ05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FSVマインツ05は、拡大の一途を辿る新型コロナウィルスの影響を考慮し、本来予定していた今夏の米国キャンプを取りやめる判断を下した。

 これはドイツの大衆紙ビルトに対して、マネージャーを務めるルーヴェン・シュレーダー氏が明かしたものであり、「半年前にアメリカでキャンプを行うプランを立てていた」ものの、「新型コロナウィルスにより我々は別の問題に直面することになってしまった」と語っている。

 なお先日には同じくブンデスリーガのVfLヴォルフスブルクが、予定されていた米国でのトレーニングキャンプ実施の中止を発表していた。


 そしてマインツではこのコロナ危機による財政面への打撃への対策として、最後の貸し手へと向かうことを断ち切るために、今後さまざまなシナリオを想定しての緊縮策を模索。選手や上層部のサラリー一部返上のほか、職員の4分の3が短期就業へシフトするなど、最大で1000万ユーロほどの節約を行えるとの見通しがあるという。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報