ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月23日

マインツ、ベルとブロシンスキの去就は?下部チームから7選手退団

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 確かに1.FSVマインツ05にて競技部門役員を務める、ルーヴェン・シュレーダー氏はダニエル・ブロシンスキ、そしてシュテファン・ベルに対して賞賛の言葉をおくっている。しかし「彼ら二人はここ数週間で本当に追い込んできた。しかし話し合いの内容については、公に明かすことはないよ」と、月曜日にメディアとのバーチャル会見にてコメント。

 31才のブロシンスキはマインツで6年間を過ごしており、一方のベルに至っては2007年から在籍し、ユースチームからトップチームへと一貫してプレーし飛躍をみせてきた選手だ。「だが、まだ決断は下されてはいない」さらにマインツではレンタルにて加入していた、ジェフリー・ブルマとタイウォ・アウォニイも退団の流れにある。


 加えてマインツIIでは、キールでユースセンターを担うことになる35才のドミニク・パイツに加えて、U12から在籍したデヴァンテ・パーカー(24)、U9から在籍したニルス・リーセク(20)、トルガ・デミルバス、ニクラス・ケレ、ヴィトゥス・シャイトハウアー、ユリアン・バウアーら、7選手が退団。前述のパイツと、ショット・マインツに移籍するデミルバスを除く、5選手の今後は今のところは明らかになっていない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報